オナ禁14日目 筋トレ初心者が行ったトレーニング 続き

1日あけての更新。オナ禁14日目。なんなくこなせている。こういうときこそ、気が緩みやすいので、気をつけるべし。

ということで、筋トレ話の続き。

 

胸、背中をいじめぬき(たいしてやってない)、ちょっと満足。

下半身のトレーニングに移る。 

この説明がなんとも難しいのだが、

左足を地面に、右足を「☆」に乗せる。

「☆」=「表面が滑りやすいマットを地面に敷く。その上にプールで使うみたいなビートバンを置く」

 

「足

 ↑

小さなビートバン

 ↑

滑りやすいマット」

 の構図。絵にかきたい……。

 

 右足を後ろに引くと、つるつる滑る。

 

その乗せている足を少し後ろに滑らせながら、膝を曲げ、手をつかないクラウチングスタートみたいな体勢になる。かならず前屈みにする。

そして、一気に後ろにやっていた右足を元の位置に戻し、気をつけ!の状態にする。

 

左足に体重を乗せ、前屈みにすること。かかとを上げない。今にも100m走をスタートするような感じ。

右足は後ろにやりすぎず、膝を曲げる。膝を地面につけない。

戻すときは斜め上に頭突きするぐらいで戻す。

 

体重をのせている左足がツラい。

本当はお尻らへんに意識するのが大事みたいだが、うまくできない。前屈みが甘いらしい。膝をなるべく前に突き出す感じがよいとのこと。

 

先生「足首ケガしたことありますか?」

したことはない。ちょっと中断し、足首固さをチェック。

「ここまで曲がりますか?」

足の指から拳1個分ぐらいのところに棒を立てて、そこに向けて曲げる。

曲がらん。

「こんな感じ。」と先生。

(いや、先生の足、おかしいやろ……。なぜそんなに曲がる?)

 

 私はかなり固いみたいです。壁を使った簡単なストレッチを教わった。

壁に足をかけて、ちょっと外側に膝を曲げる。

だから、曲がらん。

「なるべくやってみてください。下半身のトレーニングは足首でかなり効率が変わってしまいますから」

 

さっきの筋トレに戻り、両方の足で、15回ずつ行った。

下半身がプルプルする。

 

先生がなんか持ってきた。ボール?

これ持って、同じことをやる?

(そうですか。まぁいいけど。)とすまし顔で対応。強がり。

 

持ってみる。(重くね。このボール……)

「5キロだから、まぁ練習だね!」

やる。

(あ、ヤバい)

限界が近づくと、変にニヤニヤしてしまう。 

オリンピックとかで、力入れるときや踏ん張るときに「ン゛!!!」みたいなカッコいい声を聞くけど、私のは完全に喘ぎ声。ラスト数回は喘ぎながらやりきる。

 

ということで、トレーニングはここまでで終わり。

 

全部で30分ぐらい。「1時間ぐらい楽勝でしょ」って思っていた私はバカ。

2日後のいまブログを書いているときでも、下半身・上半身ともに筋肉痛である。

 

その後、食事の相談をした。

 

1回目のときに「食べるのもトレーニングです。話を聞く限り、食事、カロリーが足りてない。小分けにしてもいいから、回数を増やしたり、1回の量を少し増やしていきましょう。今の状態だと本当に筋肉つけるのが難しい!」と言われていた。

 

それ以来、結構食べてる。数日で1.5キロ増えた。

急に増えると、怖くなるものである。このまま増え続きそうとか思うしね。

一応、話を聞いてもらいたかった。

「大丈夫!そのままで続けてください!ただお菓子とか、1回で大量に食べ過ぎて、お腹だけ出てきたときなどは、すぐに言ってください」とのこと。

 

以上で、筋トレ話は終了。

ダラダラと分かりづらい文章を書いてしまった。申し訳ない。

 

ただ思ったことは、「ジムで筋トレ」を選んで良かった。

自宅で1人筋トレは、たぶん続かない。私は、の話。

 

前の記事(上半身のトレーニング)にも書いたように、自分で限界きめて止めてしまう。そこであと(無理やり)一押ししてもらえるのは、なんというか大事なのかなと感じた。

ちゃんとした知識や姿勢、意識するチェックポイントも教えてもらえる。

食事の相談もできる。やっぱり、人に相談できるのは安心できるし、続けてやすくもなるのかなと思う。

あとなにより誰かに見てもらえる(認めてもらえる、が近いイメージ)のは、楽しいよ。自信になる。

 

ということで、もしジムなどを検討されている方で、今回の記事が参考になれば幸いです。

ホームジムを検討されている方はこちら

GOLD’S GYM公式通販



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です